忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝は一際目をひかれたニュースがあった。
ゆるい就職なんてのがあるらしい
http://yurushu.jp/

要は何かっていうと週5日働いて安定を得るなんてのがお決まりになっているが、必ずしもそれが正解じゃないはずだ、みたいな話だ
一見するとなんてすばらしいサイトだと思ったが、実際は派遣やバイトで食いつなぐフリーターと同じようだ。
間違っても週休4日でいいからウチで働かないかっていう募集要項ではない。
な~んだ、と思った

だがコンセプトは至極同感する。
さすがに週休4日は暇すぎて辛い気がするが、週休2日が当たり前っていうのはどうも好きではない。
それに「今の若者は正社員になったら負け」っていうのもよくわかる。
なんでかっつったら、今の時代、正社員なんてがんばってなるほど価値のあるもんじゃないしね
昔は正社員=安定だったのかもしれないけど、いまはそうじゃないだろう。
正社員ですら使い捨ての駒としか思われない現場は腐るほどあるからね
どうせ正社員だって枕を高くして寝れないならフリーターだって一緒なんじゃないかと思う
こういうことを俺の親とかに話すと、いつも反論される。
まあそりゃ納得できないだろうな
いい大学=いい会社=安定ってのが可能だった時代で育ったわけだからな
景気もよかったし今ほど就職に苦労もなかったはずだ。
そのジェネレーションギャップは大きいだろう
そして当然自分の子供に危険な橋を亘っては欲しくあるまい
だが・・・時代は変わりすぎたのだ。

今じゃ就活のための塾まである時代だ。
そこに名門大学出身の就活生が、ただでさえ年50万、私立ならその2倍近くの学費を払っているのに更に月謝をはたいて通っているのだ。
言っちゃ悪いがばかばかしいと思わないか。
たかが面接に受かるための知識なんざどんだけ詰め込んだって就活終わっちまえばなんの役にも立たないぞ。
「そりゃ高校受験大学受験、資格試験だってそうだろ」っていうかもしれないけど、学校や資格と同じくらいの目標がその面接に、その会社に見いだせるのか?って話だ
俺はついに見出せなかった
だから俺はこんな勉強したことは一度もなかったし、「しとけばよかった」と劣等感を感じたことも一度もない

俺が思うに、名門の大学ほどプライドが高いからそれなりに一流の会社に勤めたいんだろう。
だからそこまでするんだろうね
就活自殺なんて言葉もあるくらいだからね
気持ちはわかるが、もう正社員=安定みたいな時代じゃないわけだからそんな拘りは捨てるべきだ
(もっというと大学受験もそうだ。昔ほどの価値は薄れてしまった。)
視野を広げりゃ社員募集している現場もあるわけじゃないか
何も就活のための塾に通ったり、挙句の果てには自殺したりなんてするほどの事態じゃないと思うんだ
プライドを持つのはいいことだが、それに縛られたり振り回されるのは本末転倒というものだ

このゆるい就職の講演会(?)みたいなものも応募者数は半端ないらしいが、有名大学出身の就活生は多いらしい。
ひょっとしたら彼らも大学名のプライドゆえに何かを求めて彷徨っているのかもしれない
と、かく言う俺も今度行ってみるつもりだ

一方で、この考えに批判的な声も当然あるわけである
「親の介護が必要になったらどうする」とか「結婚したら、子供ができたら」とかだ
まーーそれを言われちゃあそうなんだけどな
年金だって下手すりゃ70になるまでもらえないかもしれないからな
どうすりゃいいのかって?
それを今必死に考えてるんじゃないか

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
かずお爆弾
性別:
男性
自己紹介:
千葉が好きな普通じゃない日本人。最近ピアニストに転身した元ギタリスト。単車キチガイ系シンガーソングライダー。ニトロ爆弾/BOOViES/韮。大型二輪:DSC1100 四輪:ソアラZ20。県立千葉高校 → 千葉大学工学部機械科、ジークンドー卒。ライブのお誘いお待ちしてます。民主主義反対!
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]