忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5/1~5/6 で熊本に行ってきました。
作業内容は、瓦礫の撤去、家具の解体、災害ゴミの分別等です。合計で7,8個くらい現場回れた。

実を言うと、「全国から押しかけたボランティアが溢れかえって難民化している」「かえって被災地の負担に・・」「モンスターボランティア」などのワードをネットで見て、県外からは迷惑なのか?自粛するべきか?とすごく悩みました・・。
が、一度腹に決めたことだし、観光や土産買うだけでも支援の一部になるはず、何をやっても無駄ならばとんぼ帰りすればいい。
何より魂が「行け」と命じていたので行きました。行って正解だったと思います。


この連休中に災害ボランティアセンターには1000人くらいが毎日訪れ、そのうち9割くらいは作業を割り振られてました。(雨の日だと200人くらいしか来なかった。)
ですので溢れても高々100~200人程度。これが何千何万人もいたら確かに邪魔ですが、ボランティア難民と呼ぶほどの事態とは思えません。

地方から車で来てる人も沢山いましたが、福岡から2時間、広島から7~9時間、関東から17時間と割と妥当な所要時間で来れていたようで渋滞していたという話は全く聞きませんでした。むしろ車両提供可能な人は重宝されていました!飛行機も2日前とかでも席はいくつか余裕があったので殺到しているという印象もありませんでした。
(電車やレンタルバイクで県内を徘徊してみましたが、被害のでかかった益城町等は確かに混雑していたので直接行かないほうが良さそう。だが周辺の主要国道はそんなに混んではいなかった。)

そしてボランティアが溢れているということはニーズが足りているのか?と思ったらこれが大きな間違いで、まだボラセンの存在を知らなかったり、募集方法がわからない人達などもいて、潜在的なニーズはかなりある模様。若手が少ない地域は猶更です。瓦礫の撤去などは人手も必要だしお年寄りには難しいでしょう。

「連休でボランティアが殺到するのを懸念するあまり、ボランティア募集を県内在住者に限定したのが裏目に出てボランティアの絶対数を減らしてしまったのでは?」という声も散見されました。
「溢れたボランティアをそういう自治体に送ればいいのに、ボラセンは何をやっとっとや?」という意見もありました。ニーズはあるがなかなか斡旋しきれていない現状も垣間見られた。(とはいえ、日々改善していこうというボラセンの姿勢には感謝)

確かに二次災害が懸念される場所でボランティアにできる作業はかなり限られていますが、だからといって「ボランティアにできることが少ない」「需要がない」というわけでは決してないのです。
ゴールデンウィーク中ですら雨降っただけで8割減るのに、今後梅雨入り、真夏になれば更に人手が減ってしまうかもしれません。

だからもしも「行こうと思ったけど、、ネットやテレビでボランティア難民がどうのって言ってるからどうしよう・・・」と悩んでいる人がいるのであれば、「行け!」と言いたい。
何も自分一人が行ったところで一気に何千何万人も殺到するわけではない。万が一作業できなくても、観光して温泉入ってラーメン食って土産でも買えば支援の一部になる。ただでさえ観光客は減っている事態だろうし、日本中が行くのを自粛して人手が足りなくなるよりは余程マシのはずです。

まあ俺が所詮数日で見聞きした印象だから、これも一側面に過ぎないのだろう。飽くまでミニコミ、個人の意見として留めて下さい。
しかし、「行くことでかえって負担になる」という注意喚起が先走ることで、求められている人員を減らしてしまうことが第一に懸念すべきところではないでしょうか?
不謹慎ボラなんてのも見掛けなかった。宮城県沖や阪神淡路大震災などでそそういった不届きな連中が存在したという事実は知っている。したがって注意喚起は必要だが、飽くまでごく少数であることを信じている。

ノイジーマイノリティーばかり意識していては、誰も何も出来なくなってしまう・・・。誰も何もしないなんて国にはなってほしくありません。
だからもしもこれを読んでる人で「ボランティアに参加したいけど、どうしよう・・」と悩んでる人がいるならば、行ってくれ。
がまだせ熊本!! 房総半島の(元)核弾頭より

拍手[1回]

PR
いやしかしコレ見つかってよかったな。常々失踪事件をチェックしている俺にとってはこの事案は特に気になっていたのだ。

しかし何が驚いたかっつーと、、まず家出じゃなくて誘拐だった(フツーに家出なんじゃないかなって可能性も半分くらい考えてたので)ってことと、監禁されてたっていうバリバリ刑事事件だったっていうことと、そして何より加害者が学生、しかも千葉大学工学部卒だってことだ。

千葉大学工学部っていうと俺の後輩じゃないか!(全然知らない顔だったけど)
きっと千葉大も困っているだろうな。就職活動中の学生も風評被害が懸念される。俺もひょっとしたらイジメに遭うかもしれない。
罪の内容が内容だかんな。窃盗傷害薬物とかだったら衝動的に、って可能性は誰にでもあると思うけど、コレに関しては性質が違う。計画的且つ狡猾で悪質である。しかも2年間という長期に亘って。もはや情状酌量の余地は皆無である。
卒業取り消しどころか、中退すらなまぬるい。除籍に処すべきだろう、、、ってそんなことはこの際どうでもいいか。


だが最も俺がかの容疑者について恐ろしく思ったのは、コイツ同級生に居たら俺結構コイツのこと好きだったんじゃないかな?って思ってしまったことだ。
考えてもみてくれ。ガキの頃から飛行機が好きで学生時代に渡米して免許取得、操縦可能なんだ。単純に同じ男としてカッコよくないわけがない。男だったらわかるだろう。工学徒なら猶更だ。
まあこんなことは最早あれど無きが如しだけどな・・

まさかそんな奴が。。こんなことを裏でやってたってわけだからな。おぞましいことおびただしい。マジで人間不信になりそうだわ。こんな事件おこさなきゃきっと順風満帆に社会進出できたろうに。まあ自業自得ってやつだな。本人も全面的に認めているわけだし、まあ塀の中で猛省するがよかろう。

そうそう、アニメ好きがどうのっていう報道があってアニラーが怒っているそうだな。俺はそういうニュース番組は見かけなかったから真偽のほどは不明であるが、もしその情報を全面的に信用した場合、やはりマスコミの報道姿勢は改められるべきだろう。
アニメ=教育に悪い みたいな報道の仕方は宮崎事件が発端らしい。
でもさ、あの部屋が民放カメラマンによって若干細工してから撮影された、って話は有名だよな。事件から既に28年くらい経ってると思うが、あのちょっとした悪戯が未だに尾を引いているということだろうか。
そして意外と知られていないようだが、宮崎は収集癖があっただけで、あのビデオのうちほとんどは見ていなかったんだってな。
アニメが犯罪を助長した、という根拠としては全く成立しないと考えられる。
つまり、それを裏付ける事実はないのだ。にも拘わらず未だにその差別意識が横たわっているのだとしたら問題だ。

拍手[0回]

酒鬼薔薇聖斗が本を出すというか、出したらしい。
twitter がきっかけで知った。いろいろ調べるとどうやら本当のようだ。
内容について全くわからないからアレだけどかなり激しいバッシングを受けているようだ。
兵庫県明石市市長ですら「遺族を傷つける行為」と糾弾し、図書館や書店に置かないことをすすめているほどらしい。
極めて異例の事態である。

確かに。。自分の犯行を種にして金儲けしてる構図は癪だし、何より遺族の心境を想像すれば許されざる行為である。
それには反対しない。
それはそのとおりなんだけど・・・それだけでいいのか?って疑念が、俺には脳裏に焼き付いて消えないのだ。

実を言えば、俺はここまでのバッシングが起こることが意外だった。
みんな興味持たないのだろうか?と
俺はハッキリ言おう。読みたいって思った。
何故普通の家庭に育った少年が、あんな凶悪事件を起こしめたのか知りたかった。
何故人間はそうなってしまうのか、そんな欲望を幼いころから持ち得るのか、俺は知りたかったんだ。
それには本人の証言というのは極めて重要である。
勿論そんな価値などないただ徒に遺族の心境を逆撫でするだけの内容なのかもしれないが・・・それは読まなければわからないことであって、興味を持つこと自体は間違っていないはずだ。



念のため断っておくが・・・俺は犯罪者に肩入れする気は毛頭ない。
少年犯罪についても例外ではない。
死刑廃止論者でもないし、寧ろ犯罪者がたとえ小学生だろうと、反省の色がなければとっとと死刑なりなんなりで抹殺したほうが世のためであるとすら考えている。

だが、そんな俺でも彼らの証言というのは無視することには躊躇せざるを得ない。
俺は犯罪者の証言は、特にこのような猟奇殺人に於いては重大であり、研究するべきだと思うのだ。
たとえば宮崎勤に関する本とか、鑑定書の内容とか読めるようになっているが、俺は絶大な興味を以てそれを読んだ。
時にははらわたが煮えくり返るの如き思いで読んだ。
なんて自己中心的、反社会的なクソヤロウなんだ。こんなやつとっとと死刑にしやがれと
でもどうしてそんなモンスターが生まれてしまったのか知りたかった。
どんな病理があるのか、未然に防ぐ手立てがなかったのか、犯行に及ぶ前になんらかの凶兆はなかったものか、と
そしてそれらが精神医学、発達心理学的に極めて重大であることを知った。

確かにこれは、本人が執筆したものではないし、今回のサカキバラと単純に比較はできない。
だが俺は犯罪者の供述は無視するべきではない、ということを重ねて強調したい。
特にこういった異常なケースにおいては希少である。

話が飛躍するようだが、、サド侯爵が牢獄で書いた小説などは、フィクションであることが唯一の救いというほどおぞましいこと夥しい内容だった。
この世で思いつく限りの背徳のすべてを結集したと言わんばかりの、醜悪を窮めた作品である。
だがあれが世に出なければ、サディズムという言葉すら生まれていない。
こういった類の禁書はしばしば人間とはなんたるかを仄めかすことがある。

話を戻そう。
学者でもない素人の我々にその証言が学術的に価値があるのか、その妥当性を評価することは難しい。
でも決して我々に無関係な話題ではない。
こういう事件にいつ自分が、自分の子供が巻き込まれるか、その可能性は誰にでも平等にある。
否、自分の子供がこういった犯罪に手を染める恐れだって平等にあるのだ。
もしも自分の子供が小動物を殺傷していたらどう叱ればいい・・・?普通に育てていたはずなのに。
ひっぱたいて躾けりゃそれで済むほど単純な話ではないはずだ。
ヒントが、彼らの告白に隠されているかもしれない。
そう思うと俺はどうしても、斯る本の出版を鬼畜の所業と切り捨てるわけにはいかないのだ。

こんな本を執筆して、しかも本名も出さずに一体どういうつもりなのか、疑問である。
本当に反省しているのか・・・反省しているならビジネスにするなと、俺だって思う。
糾弾されて然るべきであって、非難するのは正しい。至極正しい。
だがそんな本でも読まずして「読むべからず」と裁断するのは早計ではないだろうか?

かくして社会が元少年Aの告白を黙殺するのであれば、第二第三の酒鬼薔薇聖斗が現れるのも時間の問題なのかもしれない。
というか、既に現れている、ということを重く受け止めるべきなのか?

拍手[0回]

今朝は一際目をひかれたニュースがあった。
ゆるい就職なんてのがあるらしい
http://yurushu.jp/

要は何かっていうと週5日働いて安定を得るなんてのがお決まりになっているが、必ずしもそれが正解じゃないはずだ、みたいな話だ
一見するとなんてすばらしいサイトだと思ったが、実際は派遣やバイトで食いつなぐフリーターと同じようだ。
間違っても週休4日でいいからウチで働かないかっていう募集要項ではない。
な~んだ、と思った

だがコンセプトは至極同感する。
さすがに週休4日は暇すぎて辛い気がするが、週休2日が当たり前っていうのはどうも好きではない。
それに「今の若者は正社員になったら負け」っていうのもよくわかる。
なんでかっつったら、今の時代、正社員なんてがんばってなるほど価値のあるもんじゃないしね
昔は正社員=安定だったのかもしれないけど、いまはそうじゃないだろう。
正社員ですら使い捨ての駒としか思われない現場は腐るほどあるからね
どうせ正社員だって枕を高くして寝れないならフリーターだって一緒なんじゃないかと思う
こういうことを俺の親とかに話すと、いつも反論される。
まあそりゃ納得できないだろうな
いい大学=いい会社=安定ってのが可能だった時代で育ったわけだからな
景気もよかったし今ほど就職に苦労もなかったはずだ。
そのジェネレーションギャップは大きいだろう
そして当然自分の子供に危険な橋を亘っては欲しくあるまい
だが・・・時代は変わりすぎたのだ。

今じゃ就活のための塾まである時代だ。
そこに名門大学出身の就活生が、ただでさえ年50万、私立ならその2倍近くの学費を払っているのに更に月謝をはたいて通っているのだ。
言っちゃ悪いがばかばかしいと思わないか。
たかが面接に受かるための知識なんざどんだけ詰め込んだって就活終わっちまえばなんの役にも立たないぞ。
「そりゃ高校受験大学受験、資格試験だってそうだろ」っていうかもしれないけど、学校や資格と同じくらいの目標がその面接に、その会社に見いだせるのか?って話だ
俺はついに見出せなかった
だから俺はこんな勉強したことは一度もなかったし、「しとけばよかった」と劣等感を感じたことも一度もない

俺が思うに、名門の大学ほどプライドが高いからそれなりに一流の会社に勤めたいんだろう。
だからそこまでするんだろうね
就活自殺なんて言葉もあるくらいだからね
気持ちはわかるが、もう正社員=安定みたいな時代じゃないわけだからそんな拘りは捨てるべきだ
(もっというと大学受験もそうだ。昔ほどの価値は薄れてしまった。)
視野を広げりゃ社員募集している現場もあるわけじゃないか
何も就活のための塾に通ったり、挙句の果てには自殺したりなんてするほどの事態じゃないと思うんだ
プライドを持つのはいいことだが、それに縛られたり振り回されるのは本末転倒というものだ

このゆるい就職の講演会(?)みたいなものも応募者数は半端ないらしいが、有名大学出身の就活生は多いらしい。
ひょっとしたら彼らも大学名のプライドゆえに何かを求めて彷徨っているのかもしれない
と、かく言う俺も今度行ってみるつもりだ

一方で、この考えに批判的な声も当然あるわけである
「親の介護が必要になったらどうする」とか「結婚したら、子供ができたら」とかだ
まーーそれを言われちゃあそうなんだけどな
年金だって下手すりゃ70になるまでもらえないかもしれないからな
どうすりゃいいのかって?
それを今必死に考えてるんじゃないか

拍手[1回]

久しぶりにテレビをつけたら最近はあれだな
業務上での自分の過失を隠ぺいしようとしてさらに事を大きくしてしまうみたいな事件が多発しているようだな

笑ってしまったのが JTB が遠足のバスを手配するのを忘れてしまったから客先である学校の生徒を装って自殺するって手紙を送り付けて遠足を中止にしたって事件だ
正直言って気持ちはすげえわかるな。よっぽど切羽詰ってたんだろう
そのあと自首して発覚したらしいがかわいそうに。さぞかし抑圧だったんだろうな

あとなんだっけ。警察が検挙数の帳尻を合わせるためになんとかって話もあったな
こういうのがあるとテレビで立て続けに類似の事件が報道されるわけだ
きっと「近年業務上のなんたらかんたらが浮き彫りになっている」みたいになるんだろう
まあそれはその通りだけど俺が思うにこれは、何かミスとかがあったら責任をとらなきゃならないっていう社会構造にも問題があるような気がする
まあ正直発注ミスとかで責任とってクビになるみたいなことはあるまいがやっぱ日本人ってのはどこか責任とる=辞職ってのがあるんだろうな
一番これが如実なのが政治家だろう
俺はこの文化が嫌いなんだ
なぜ辞めることで責任をとったことになるのかわからないからだ
食い口がなくなって苦しむのを見てみんなでざまーみろと思いたいからだろうか?
正直俺にはこの文化の由来がそれくらいしか思いつかない。だとしたらなんと寂しい民族なんだ

やめろ、責任とれじゃなくて周りはもっと真っ当な批判なり具体案なりを言うべきではないだろうか
野次のほうがまだましだ
誰かに押し付けて安心したいみたいな空気が漂っているような気がする

まあそういう慣習が今回のような事件を引き起こす、と結論付けるのはあまりに乱暴だろうが、一つの側面としてはあると思っている

拍手[0回]

プロフィール
HN:
かずお爆弾
性別:
男性
自己紹介:
千葉が好きな普通じゃない日本人。最近ピアニストに転身した元ギタリスト。単車キチガイ系シンガーソングライダー。ニトロ爆弾/BOOViES/韮。大型二輪:DSC1100 四輪:ソアラZ20。県立千葉高校 → 千葉大学工学部機械科、ジークンドー卒。ライブのお誘いお待ちしてます。民主主義反対!
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]