忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

俺は昔からこれを考えるのが苦手だった。
考えないわけじゃない、考えても当たらないのである。
「お前は本当に他人からなんと思われようと気に留めない性質だな」と評されることもあるが、それは違う。
本体は結構気にしていたのである。
だが考えても皆目見当違いな予想ばかり立ててしまうようなので、いつの間にか諦め癖がついてしまったのだ。これは良くなかった

先日もそんなことがあった。
岩本町のエッグマンでお客さんで話しかけてくれた人がいたんだが、初見は俺はすげえ気難しい印象だったらしい(が話してみるとそんな感じではなかったとの旨だった。)
実は意外だった。
まー付き合いがある程度長い人からは「貴様は頑固だ」とよく言われるから確かにその通りかもしれん。
でも第一印象がそうだってのは意外だった。
う~~む、最近MCではアホみたいなこと言って空気を紛らわそうとしてるんだけどなあ。
それに俺としてはあんま堅苦しい音楽みたいに捉えてほしくなくて、ただ肩の力を抜いてボケ~っと聴いてくれるのがありがたい。
「姉ヶ崎ブルース」なんか、笑ってくれたりすりゃ望外の幸福だ。てかあの曲はコミックソングだからな。
もちろん曲によっては聴きこむ要素も入れてるしシリアスなテーマもあるが、まずは BGM 的に聞き流せることが大前提でありたいと思っている。

うむ、ここまで書いて気付いたけど俺のレパートリーはまだまだそういう感じが少ないな。と気づいた。
なんとかせねばだめだな。

明日というか今日は初台 WALL で川本さんの誕生日前夜祭に出ます。

10/6(火)
WALL presents
初台オープンマイクショウ
カワモトリョウ生誕前夜祭!

カワモトリョウ(RUBE RACIES/東京ジャンキーズ)
RUBE RACIES
シンイチ(はいから)
ミキ(MARINE BLUE)
スーザン(黄金狂時代)
スーパームチオ(はう)
韮(アコースティック)
カズヤ(RUIN/FIREBIRDGASS)
ポコンチ斉藤
平成虎吉
かずお爆弾(BOOViES/韮)
OPEN 18:00
TICKET 1,000円(2ドリンク付き)

拍手[0回]

PR
最近どっかで聞いた言葉だが、ゆとり世代は若いころに失敗をさせてもらった経験がないので、社会に出て失敗をするとすぐに誰かに責任を押し付けたりすることを考える傾向にある、らしい。

おれは、世代論は大嫌いだがもし俺が面と向かってこれを言われたら何も反論できない気がした
確かに俺自身、そういう性質であるように思える。
失敗を極端に恐れるというか、もしも失敗したらどうしよう、どう言い逃れようか、理論武装しようかとそんなことに思慮が回ってしまうのだ。

どうしてこうなってしまったのか
ひょっとしたら本当にゆとり世代だからって理由なのかもしれんが、原因は違うところにあると信じたい。
考えてみれば俺は今まで本当に失敗ってものを経験してこなかったような気がする。
いや、実のところ失敗はたくさんあったが、多くの場合は言い逃れができたんだ。

たとえば俺が今までやってきたことといえば一番はやはり音楽だが、音楽ってのはまさに逃げ道のたくさんある世界なんだ
わかってくれる奴もいればわかってくれない奴もいる、それでいい、スポーツみたいにはっきり点数とかにできる世界じゃない、勝敗のない曖昧な世界なのだ
個人プレイだったらどんな失態を起こそうと困るのは自分だけで済むしね

気楽で自由という反面、そういう世界だけにどっぷりつかっちまった俺は、本当に失敗というものをあまり経験したことがないような気がしてきた。
う~~~ん、、ヤクザの車凹ませたこととか、学校に機材置きっぱなしで全部盗難にあったこととかはなかなかシャレにならない失敗だったと思うんだけどな
まあ苦しんだのは自分だけだったからな。だからバッシングに対して弱いのだろう。

失敗は誰でも恐ろしいものかもしれんが、もっと開き直って生活するべきな気がした

拍手[0回]

これが正直な話面白い映画とは思えない

だが妙な引力があるのも事実
時々見たくなる

特にThe BandのWeightがかかるシーンでは、音楽と情景に泣かされる
アメリカの乾いた空気そのものだ
行ったことないのに懐かしいと思う、きっと人間の遺伝子に組み込まれた記憶なんだろう

60年代アメリカ、サイケデリックロック、ヒッピー、ハーレー、全部好きな人ならわかるはず

拍手[0回]

となった
就職は初めての経験なので、一体どうなるか皆目見当もつかん
ひょっとしたら何も変わらんかもしれんが、おそらく俺の考えとか感覚とか色々変革を起こすと思う

よって、今考えていることを、忘れないうちに書いておこうと思う


最近大学の卒業式があった
なんとか卒業できてよかった
俺の研究室はかなり自由でむしろ楽だった
周りの人も先生も、いい人だったからよかった
大変感謝している
にも関わらず二度と戻りたくないと思う
なんだったんだ?この類のストレスは
前にも書いたが、研究ってのがつまらなすぎて仕方なかったんだよな
マジでただそれだけの理由なんだよ
わりいけど院行かなくてよかったと思ってる
あと2年も研究室にこもるなんて正直考えるとぞっとするわ

で、こんな俺が果たして卒業後、最低でも一日8時間の労働に耐えられるのだろうか、という不安がある
これっばかりはやってみないことにはわからん
ただ、救いなのは「金がもらえる」「生活のため」という動機があるという点である
大学の研究にはこれがない



俺にはバイトの経験しかないが、バイトが一日8時間あったらどうしよう、と考えるとこれもゾッとする
俺はいくつかのバイトを経験したが、あのように退屈な業務をそんな長時間やるのは金がもらえるからといってどうも耐えられる気がしない
でも大概の人間がそれで生活をしているのを見ると、なんだかんだおいらも頑張ればできるんじゃないかなあという楽観的な想像をしている
あと、バイトと社員だったら社員のほうがまだやりがいがあるんじゃないかという更に楽観的な想像もしている
そうでなくてはやっていけそうになさそうだな
やっぱり仕事で生活するには最低限のやりがいって必要なんだろうな
だって派遣のバイトとか永久にやりたくないもんな


でまあ今考えてることをずらずらかいてみたが、結局俺は何も知らないんだなあという結論に達する
つまりやらなきゃわからんので、なんとも言えない
おそらく就職したあとは俺の職業観とかそういうもんは大幅な変革を求められるだろう

期待も大きいが、不安がないといえば嘘になる
もしも大学の研究室で退屈で二度と戻りたくないはずの日々にもどりてえ、なんて思ったらいやだなあって思う

拍手[0回]

3日目が幕を閉じた

1日目はとりあえず三重までいった

2日目は奈良と和歌山と三重と京都と大阪の県境(紀伊山地の真ん中~北らへんだと思う)の峠を散々走った

3日目は一日中雨だったので、おとなしく市街地をゆっくり移動することにした
で、姫路に至る

長靴を持ってくりゃあよかったな
ツーリングマップル、関西バージョンが出かけるときは新品だったのに、たったの3日でボロボロになっちまった


あと思ったんだけど国道2号ってのは便利だな
明石市あたりから以西が便利だ
無料の高速道路だ
少なくともこいつで岡山までいけるらしいから驚きだ
1号にも静岡に無料高速区間はあるけど、ところどころ市街地をはさむし1車線だったりするかんな~
それにくらべりゃ2号は画期的なんじゃないかな



気分はイージーライダーのビリーである 服装的に
あとラーメン食ったあと一瞬腹がごっつ痛くなって怖くなってすぐ近くにあった薬屋で薬買っちまったよ
今んところそれでとりあえず安心なんだけど、考えてみたら旅行先での病気や怪我ってのは怖いもんだな
特に自分が運転しなきゃならないわけだからな
痔とか最悪だな
あとは内臓の痛みってのも勘弁だわ

こういうときマジで思うが健康ってのは宝だな



俺はまだバイクで事故ったことないし、というか今後永久に事故りたくはないわけだが、事故る友人とか見てるとやっぱ彼らはどこか恐怖心が麻痺していたんではなかろうか
俺はビビリだからなかなか無謀なことはしない
まあ無謀なことを何度かやったとしても、いかんいかんと心を引き締めるように心がける

よくバイクこえ~からいいやっていう人いるけど、そういう人たちに言いたい
怖いって思う人間こそバイクに向いているのだ
何故なら恐怖心を維持することで多くの危険を回避できるからである
安全に乗りさえすれば最高の乗り物だし娯楽だしスポーツである
貴様らも乗りたまえ

拍手[0回]

プロフィール
HN:
かずお爆弾
性別:
男性
自己紹介:
千葉が好きな普通じゃない日本人。最近ピアニストに転身した元ギタリスト。単車キチガイ系シンガーソングライダー。ニトロ爆弾/BOOViES/韮。大型二輪:DSC1100 四輪:ソアラZ20。県立千葉高校 → 千葉大学工学部機械科、ジークンドー卒。ライブのお誘いお待ちしてます。民主主義反対!
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]