忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日はかなり久しぶりに本八幡3rdstage でライブ。ポニーズの鬼猿木魚先輩の誕生祭でした。
オカジさんからきいて知った mattekudasai 解散。。
この喪失感は相当でかい・・。俺が知ってる中で有名無名ひっくるめてぶっちぎりのバンドだったからな。

彼らに初めて会ったのは7年前、俺は18で彼らは16だった。
第一印象は、黒人の不良みたいな連中だな、と思った。しかし ANGA でステージを見て衝撃を受けた。
見るたびに違うライブ、アドリブとそうでないところの境目が全くわからない、だが強烈なグルーブに裏打ちされた一体感、体がいつも勝手に動いたものである。

俺がニトロ爆弾だったとき、おそらく対バンは20回くらいはしたと思う。盟友って感じだったがどんどんファンが増えてメジャーレーベルから声がかかったりして、先に行ってしまう彼らを見て、正直嫉妬から負け惜しみを垂れたこともある。
でも、どんな気分のときでも彼らのライブを見ると、悔しいけど最高にハイになれた。
本当にかっこいい音楽なら、酒一滴も呑まなくてもハイになれるんだな。
どんな手を出し尽くしても彼らには勝てなかった。完全に俺の負けだ、だってカッコイイから仕方ない。きっとこういう奴らが天下を取るんだろう。
ここまで俺が打ちのめされたのは後にも先にも mattekudasai が唯一である。

去年も二万電圧で俺らの企画に出てくれて、久しぶりに見たけど相変わらず最高だったな。俺も色んなバンドと対バンしてきたけど、これほどまでの衝撃力を持ったバンドはやはり他になかった。
最近活動あまりできていないことは知っていたけど、まさか解散しちまうとは。
こんなバンド二度と現れない。。。
何故だ!ニーズが追い付かなかったのだろうか?だとしたらオーディエンスの是非を問いたい。
今はただただ無念だが、彼らと青春時代を過ごせたことは俺の人生の矜持である。



拍手[0回]

PR
DB(どうも僕です)。

12/25(金) は岩本町 eggman で轢き語り&現代デモテープ第二版の出版日です。出来はなかなか悪くない。ガンガン売り出していこうと思う。

12/25(sat) 岩本町 eggman
[Ete Acoustic issue #192]
かずお爆弾/Sandsoul/西森俊二/元松美紅


そして12/26(土)は二万電圧で久しぶりに BOOViES のライブです。


周知の如く BOOViES はやっさんとアキラの脱退につきこれが現メンバーでの最後のライブになります。
う~む、色々思うところはあるが、ここに書くのは罷そう。一体何があったというのか!今後どうなってしまうのか!?真相が知りたくば二万電圧へ
すべての謎が解き明かされるものがある!(ないものもある!)乞うご期待。

12/26(fri) 東高円寺二万電圧 MILK SNAKE presents
「FEEL THE PUNK BLAST vol.4-忘年会編」
MILK SNAKE / BOOViES / SKINHEADGIRL / THE MEANS(兵庫) / PUNKROCKBOX / THE NEGATIVE MIND DISTORTIONS

拍手[0回]

12/2 に25才になりますた。あと半分で50才。。
写真は9年前、私が人生最初にギターボ/ーカルをやってた Something を結成した瞬間です。
なんか思い描いてた人生と違うなあ~(*_*) やってりゃいつかBIGになれんだろってな感じで続けてたらこのザマだ。すまん、15の俺。
でも諦めねっかんな。魂だけはこのときから何も変わっちゃゐねえ~!砕け散るまで花火ぶち上げてやんよ。。押忍!卍卍卍

拍手[0回]

このブログは今までチラシの裏として利用していたがもう少しライブの告知とかそーゆーパブリックなことも書いていこうと思う
理由はあまりfacebookとかで頻繁に連投してもきっと邪魔だろうしかえってあまり誰も見てくれなさそうだからだ。そして長文に向かないからだ。
むしろ facebook をチラシの裏にするべきなのかもしれない。
twitter は引き続き便所ってことでいいや

さて、本題に入ろう。
デザフェスってものを俺は今まで全然知らなかったのであるがアジア最大のアートの祭典ということで極めて大規模なイベントであるようだ。
事後報告になるが、昨日韮で出場したのである。
他の出演者は以下
BLOWGIES / ANTHELL / 滅流辯 / riseAbove / JET GENNOUS / PUNiK / Ape Apocalypse / PUNK DISCO
なんだってまああんなところに高円寺臭ブリバリなメンツが集結したもんだ。
様子を写真でご覧いただこう



感想は、楽しかった。野外は人生で5回目くらいだったかな、やっぱ開放感が素晴らしいな。来年はライブはやらなくなっちまうらしいのが残念だ。。
これでひと段落ついた気がする。年内に韮のライブの予定はそういえば・・・これで終わりか!?
12/4 俺@中野moonstep
12/25 俺@岩本町eggman
12/26 BOOViES@東高円寺二万電圧


若干の後悔は、、、もう少し中の出展も見ておけばよかったなあってことだ。
絵描きや彫刻家には破天荒な人が多いらしい。
理由は、音楽や映像ってのは必ず時間とともに進行していく。小説も漫画もそうだな。芝居もダンスもそうだな。っていうかほとんどのものがそうじゃないだろうか?時間の束縛からは逃れられないのだ。したがって多少の理論的な考えが要されるのだという。
ところが絵とか彫刻ってのは見たその瞬間がすべてである。時間軸に縛られない。そのため、一般的な理屈からは型破りな発想とかを持つ人が多いんだとか。

これは久石譲氏の著書に書いてあって、これが非常に印象に残っている。

俺は絵描きの友達はいるけど少ない。したがってこの説が正しいのかどうかはわからない。
でも奇天烈な恰好をして(人のこと言えないけど)黙々と壁に向かって筆を走らせている人たちを見て、確かにそうなのかもなと思った。
以上。

追伸
最近ピアノで曲作りました。よかったら聴いてみてください。

拍手[0回]

俺が十代の頃、ロックは生き方だ!と何度今まで言ってしまったことだろうか。
そういって自分を奮い立たせることで良い曲が作れるなら結果オーライだが、俺はあまり成果を得ることができなかった。
あのときの自分の曲はダサいものばかりだ。

まあ社会通念としてロック=ワイルド、破天荒、不良 だとすると、事実めちゃくちゃヤンキーでジャンキーなミュージシャンってのは世の中に沢山いるわけだが、そういう人たちの作る音楽がいつも最高にカッコイイかって考えたら、正直言って俺は違うと思っている。
一方でサザンみたいに名門私立大学のサークル出身のバンドもあるが、よほどロックだしソウルではないか。まあ、当たり前か。。

結局のところ日常の素行と音楽にはあまり関連がないのだ、というのが俺の現行の持論である。
音楽が思想を育てるということは確かにある。だが思想が音楽を作るかといったら、微妙。。順番が錯誤していると思う。

ロックを聴いて不良になる奴はいるだろうが、不良がロックをやれるとは限らない。
もしその順序でロックンロールのセンスが発揮できるなら、過保護のおぼっちゃまだったとしても十分発揮できるんじゃないだろうか。
だから精神論やキャッチフレーズや、上みたいな社会通念が必要以上に先行するのは音楽の堕落を引き起こしかねない。
やはり音楽ありきなのだ。
ヒンドゥー教の教えに「ナーダ ブラフマー = 世界は音なり」という言葉があるらしいのだが、よくこの言葉が脳裏を過る。

いや、音楽だけじゃないのかもしれない。芸人でも格闘家でもそうじゃないだろうか。
破天荒だったり元ヤン出身の人、たとえば横山やすしとか、辰吉丈一郎とかのような人があまりにも世の中には強い印象を与えるもんだからそういうイメージがステレオタイプ化してしまうのだ。
でも実際よく見つめ直してほしい。いじめられっ子だったけどチャンピオンになった人もいるわけだし、酒が一滴も呑めないM1チャンピオンもいるわけである。
ロックンローラーのイメージってやつも同じことが言えるだろう。
それに縛られてるのって、、確かに魅力的なのだが、やっぱ俺の経験上あまりメリットがないんだよな。

かつて俺の旧い友人が
「だからロックって言葉嫌いなんだよ」
って言ってた。
俺はガキの頃からチャックベリーやビートルズやAC/DC 、いわゆるロックンロール、不良の音楽ってやつに憧れて育ったもんだから、そんときは反発してしまった。
「小洒落やがって!ロッキンポが!」と思ってた。
俺の世代だとエモとか下北系のなんちゃらが流行っていたのもあってその反動で一層俺の精神論先行は加速していったのである。

でも、今ではアイツの言葉の意味がよくわかるぜ。。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
かずお爆弾
性別:
男性
自己紹介:
千葉が好きな普通じゃない日本人。最近ピアニストに転身した元ギタリスト。単車キチガイ系シンガーソングライダー。ニトロ爆弾/BOOViES/韮。大型二輪:DSC1100 四輪:ソアラZ20。県立千葉高校 → 千葉大学工学部機械科、ジークンドー卒。ライブのお誘いお待ちしてます。民主主義反対!
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]